動画をバズらせることによる効果

サービスであり、商品であれ、本当に多くの動画が作成されるようになり、どこかで口コミが広がるとすぐにバズる状態になっています。
そして関連する商品やサービスが大きく取り上げられることになり、売上やブランドイメージの向上に大きく貢献していく環境が整っています。
しかしながら、これだけ多くの動画が日々制作されるようになると差別化を行う事は非常に難しい状態にあります。簡単に大企業でアクセスが多いホームページで取り上げただけでは全く閲覧が進まないこともあり得るでしょう。
そこでうまく活用したいのがインフルエンサーの存在です。現在の広告宣伝費の振り分けを考えた場合にテレビ、新聞の広告宣伝費をインターネットに振り分ける事は特に難しい話ではありません。
これまでの時間、インターネットは所得が多い、またはターゲットが中高年の場合にその効果が薄いと言われることもない位、誰もがインターネットで動画を楽しむようになっています。
動画をうまく活用してマーケティングを進めるのであれば、まずはターゲットを明確にして、その、ターゲットにささるインフルエンサーをうまく利用することが一番です。実際にビジネスとして進める場合、例えばですがアクセス数を条件とした契約をすれば、より効果を期待することができるかもしれません。
また、動画をバズらせるために商品やサービスのリリースとともにセットで話題作りとして発信する、またはイベントを行うことにより、さらにその効果は高まることになるでしょう。
実際にこうした動画と商品やサービスとの相乗効果を図る施作は大小問わず、かなりいっぱんてきです。
特にこれだけ、情報が溢れている中、認知を高めるためにはもちろんメディアミックスの活用ほど重要なものはないかもしれません。
これからの時代はさらにこの傾向が強くなることが予測される以上、動画、YouTubeなどをいかに商品やサービスの企画段階から検討に加えるのか、非常に重要だといえるでしょう。そこに前述のようなPRとしてインフルエンサーも活用していくことができれば、さらにその効果は高まるはずです。
実際の投資配分についてもいかに、こうしたマーケティングにふりわけていくことができるのか、関連部門が集まり、あくまでも長期的に計画的に考えていくことが成功への第一歩だと言う。
もちろん、クロスマーケティングはかならず、プラスにつながり、効果も高いことはいうまでもありません。

投稿日: